吹き抜け空間が心癒す

家を新築するときは温かみとしなやかさのある木造の家と決めていました。

耐震強度のある家にするために、シンプルま構造にすることは勿論考えておりましたが、家族の絆がもっと深まる温かい家づくり、ほっと癒される家づくりを目指して間取りから考えていきました。

建築会社からも沢山良い提案も頂き、陽だまりの絶えない吹き抜け構造として、部屋の奥まで陽が差し込み明るい家を目指して造りました。

吹き抜け空間からは個別の部屋はリビングへアクセスでき、1階から声を掛けたり、小さな子供が子供部屋にいても、親の気配を感じられるよう配慮して部屋の配置を考えました。

2階には吹き抜けの小ホールを作り、冬でも暖かいスペースとなり、陽だまりのなかでちょっとしたカフェテリアが出来上がりました。手摺も木材にすることでより温かみのある空間に仕上がりました。

1階からは吹き抜け空間にある3つの窓を見ると、青空にゆっくり流れる白い雲が見え、心が休まるひと時を過ごせます。